特定非営利活動法人 環境活動コンソーシアム えこらぼ [ECOLOGY COLLABOLATION LABORATORY]

CONTENT

行事予定と活動報告

連携事業前の記事一覧に戻る

「もうひとつの北海道環境白書1」の作成に参加しました。

もうひとつの北海道環境白書ー先駆者の軌跡にみる北海道の環境 変化

 1992年、ブラジル・リオの「地球サミット」から20年目の2012年、再びリオで「持続可能な開発に関する国連会議」(Rio+20)が開催されました。この節目に、環境中間支援会議・北海道では、北海道の環境を、そこに長らく関わってきた方々の活動を通して振り返る、新しいスタイルの「白書」をつくりたいと考えました。
 NPO法人環境活動コンソーシアムえこらぼは、「環境中間支援会議・北海道」の構成メンバーである札幌市環境プラザの環境相談員として、一部インタビューの実施、作成に関わりました。
 自然や社会、経済それぞれの分野で活動する12人の先駆者たちへのインタビューを中心に、「地球サミット」の頃に生まれた「地球サミット世代」の座談会も収録しています。これからの北海道を考えるうえで、きっと何らかの示唆を感じていただけると思います。ぜひ、ご一読ください。
(2014年4月現在、残部、僅少となっています。近日中に、web版の発行が予定されています。)

詳細は、こちらをご覧ください。
http://enavi-hokkaido.net/topics/index.php?page=article&storyid=21

●登場する12人(登場順)
・新庄久志さん(釧路ウエットランドセンター主任技術委員)
・梅沢俊さん(写真家)
・春日隆司さん(下川町環境未来都市推進本部長)
・帰山雅秀さん(北海道大学大学院水産学科研究院教授)
・鈴木亨さん(NPO法人北海道グリーンファンド理事長)
・小野有五さん(北海道大学名誉教授、北星学園大学教授)
・辻井達一さん(公益財団法人北海道環境財団理事長)
・高木晴光さん(NPO法人ねおす理事長、黒松内ぶなの森自然学校運営協議会代表)
・東龍夫さん(ひがしリサイクルサービス代表)
・石塚祐江さん(NPO法人環境り・ふれんず代表)
・岡崎朱実(NPO法人環境活動コンソーシアムえこらぼ代表理事)
・小川巌さん(エコ・ネットワーク主宰、酪農学園大学教授)

連携事業前の記事一覧に戻る
ページトップ